ホームヘルパー雇用補助

制度の概要

保育、介護、家事の援助を受けたときの費用の一部を補助します

対象者

互助会員とその配偶者

補助要件

雇用事由

  1. 互助会員またはその配偶者が、出産または病気・負傷のため、家事援助・保育・介護をホームヘルパー等に依頼したとき
  2. 互助会員と同居の家族が、病気又は負傷のため、家事援助・保育・介護をホームヘルパー等に依頼したとき
  3. 互助会員または配偶者が、家庭において一時的に家事・保育・介護の援助が必要になり、ホームヘルパー等に依頼、あるいは保育施設において一時預かりを利用したとき

補助日数

1年度内 14日まで(援助の対象者1人ごと)

  • 保育援助・介護援助については援助の対象者(子、親など)1人につき1年度内14日までとなります。
  • 実際に雇用した時間となります。移動・送迎時間は含みません。

援助の範囲

家事援助
家事のうち日常的に行う必要のあるもの
※草むしりや特別な手間をかけて行う調理や大掃除などは対象外
保育援助
ベビーシッターにより会員の家庭で行われるもの
保育施設での一時預かり保育
介護援助
互助会員の家庭において行われるものとし、通常行うことができる範囲

雇用期間

令和3年4月1日~令和4年3月31日

補助額

利用時間により、1日あたりの補助金額がかわります。

1日(8時間)利用したとき
6,000円上限
半日(4時間以上8時間未満、保育の場合のみ3時間以上8時間未満)
3,000円上限

提出期限

令和4年4月8日(金)必着

  • 総務事務システム対象者の場合は、提出期限より余裕をもってご提出ください。

申請方法

下記の書類を揃え、ご提出ください。

ホームヘルパー雇用補助請求書. (124KB)

  • 雇用費の領収書(原本)

領収書に必要な記載事項

  1. 払者氏名(原則ホームヘルパー雇用補助請求者氏名)
  2. 雇用日
  3. 支払金額
  4. 雇用内容
  5. 利用開始および終了時間
  6. 発行者名および押印
  7. 一時保育・介護の場合は対象者氏名

担当

厚生担当 048-830-6703

会員専用ページ

退職者会員専用ページ

TOP